知人からの密告で妻の浮気が発覚。弁護士を介し相手の男に慰謝料を請求/誰かもわからない相手に、自分の愛していた人に…

知人からの密告で妻の浮気が発覚。弁護士を介し相手の男に慰謝料を請求

すがる場所もなく、浮気、不倫が発覚してからは、すぐに離婚のことを意識して考えておりました。

また、それ以前に、浮気をさせる時間的、経済的、精神的な隙を作ってはいけないと感じた。

【当時の年齢】
妻:30代(当時)
自分:30代(当時)


【浮気を疑ったきっかけ】

  • 妻と共通の知人(女性)からの密告
  • 子供(当時2歳)が自分と行ったことのない場所の事を話すようになる。
  • 急によそよそしい態度や、冷たい態度を取るようになった。




ただ、些細な喧嘩や嫌なところを見てしまうと、あの時、離婚していればなど一瞬頭をよぎりますが、自分が出した答えが正解だったと将来思えるようにと、今は、より良くすることに、必死です。

誰かもわからない相手に、自分の愛していた人に裏切られたと、憎しみや悲しみで自分の心が潰されて行くように感じました。
どこで、何で?何が原因で?…と自問ばかりで、誰にも相談できず、ずっと1人で悶々と考え込んでおりました。
すがる場所もなく、浮気、不倫が発覚してからは、すぐに離婚のことを意識して考えておりました。
子供と離れなければならないのか、子供と離れたくない、親権を勝ち取るには?だったり、慰謝料を勝ち取れるのか?裁判で有利に進めるには?とずっと先の事を必死に考えて自分でパソコンなどで調べたりしておりました。
その後、弁護士事務所を調べ相談して他人に話してからは、ずいぶん心が軽くなり、落ち着きましたが、証拠の写真などを見ると、また怒りが込み上げてきて、感情的になる事が増えました。




やはり、子供の力は、大きく約1年ほど前の話ですが、子供の事で会話が増え、夫婦仲も良くなりました。

発覚後弁護士を通して事実を認め、相手方が謝罪し、慰謝料を支払う事を了承した事と、妻との接触を今後しないという同意書にサインをした事、妻も深く反省をして両親も含めてこちらに謝罪をした事、子供がまだ幼く、母親を必要としている事などを含めて考え、離婚をしない方向で話を進めました。
許せない部分があり、かなり辛かったですが、子供のことを考えると、両親そろった形でと自分を言い聞かせまたした。
やはり、子供の力は、大きく約1年ほど前の話ですが、子供の事で会話が増え、夫婦仲も良くなりました。
ただ、些細な喧嘩や嫌なところを見てしまうと、あの時、離婚していればなど一瞬頭をよぎりますが、自分が出した答えが正解だったと将来思えるようにと、今は、より良くすることに、必死です。




発覚後弁護士を通して事実を認め、相手方が謝罪し、慰謝料を支払う事を了承した事と、妻との接触を今後しないという同意書にサインをした事、妻も深く反省をして両親も含めてこちらに謝罪をした事、子供がまだ幼く、母親を必要としている事などを含めて考え、離婚をしない方向で話を進めました。

浮気が発覚したら、事を荒立たせず、冷静に色々と進めなければならなく、恥ずかしいと思ってしまいがちだが、弁護士事務所など早めから相談をするべき。
自分で何とかと考えがちだが、専門家に任せるべきだ。
また、それ以前に、浮気をさせる時間的、経済的、精神的な隙を作ってはいけないと感じた。




子供と離れなければならないのか、子供と離れたくない、親権を勝ち取るには?だったり、慰謝料を勝ち取れるのか?裁判で有利に進めるには?とずっと先の事を必死に考えて自分でパソコンなどで調べたりしておりました。

どこで、何で?何が原因で?…と自問ばかりで、誰にも相談できず、ずっと1人で悶々と考え込んでおりました。

 

共通の知人から妻の浮気を密告されるとは、聞いた時はショックだったでしょうね。
離婚を意識し、親権は渡したくない、と思ったところから弁護士への相談となったのでしょうか。
浮気相手の男からも慰謝料の支払いを認めさせたのは弁護士の力でしょうね。
証拠写真も押さえていたということで、探偵にも依頼したのでしょうか。
こういった悩みは一人で悩むよりも、専門家である探偵や弁護士の力を借りた方が良いでしょう。
そのおかげもあってか、子供のおかげもあってか、夫婦の仲は次第に良くなってきたとのことで、これからは幸せな家庭を築けるといいですね。





◆妻に浮気された体験談◆
会社員31歳(結婚5年目)
第一子の長男が生まれ、幸せな日々を過ごしていた。
子供が1歳になり、妻が育児休暇を終えて職場復帰。
しばらくすると妻の行動が怪しくなり、まさか浮気…?
それからは不安と怒りで夜も眠れず、まさに「どん底」の日々。

なぜ、どん底状態からたった7日間で立場が激変したのか?
⇒妻に浮気された体験談(会社員31歳)

「出来心なの!捨てないで!」…と妻が泣いて謝ってきたのでやり直すことに。