妻の外出が増え、携帯を離さない。怪しいと思ったら嫁は男とデキていた。/妻はどうして、こんなひどいことができるのか、…

妻の外出が増え、携帯を離さない。怪しいと思ったら嫁は男とデキていた。

同時に、浮気相手が誰なのか、どういう人なのか、ソイツは何を考えているのか、といったことが同時に渦巻きました。

という気持ちが大きかったのですが、妻の本気で謝罪してくるのを見て、

【当時の年齢】
妻:30代(当時)
自分:30代(当時)


【浮気を疑ったきっかけ】

  • 携帯電話を離さなくなった。
  • 外出が多くなった。
  • 夜の関係が少なくなった。




話し合いを始めた時は、

妻はどうして、こんなひどいことができるのか、よくこれまで平気な顔で生活を送ってこれたな、という妻への恐怖や怒りを感じていました。
また、それに気が付かなかった自分にも怒りがわいてきました。
同時に、浮気相手が誰なのか、どういう人なのか、ソイツは何を考えているのか、といったことが同時に渦巻きました。
また、この先どうしたらいいのだろうという、漠然とした将来への不安がありました。
特に、夫婦関係を解消するのかについて考えたり、妻は本音ではそれを望んでいるのかもしれない、もし解消するとしたら、いったいどういう風に手続きや両親に説明したらよいのか、色々考えました。
さらに、浮気相手とどう対峙したらよいかなど、考えると怖いこともあり、夜も眠れませんでした。




何度も、話し合いをして、妻が自分と別れたいとは思っていないということがわかったからです。

結局、妻とは別れることはありませんでした。
何度も、話し合いをして、妻が自分と別れたいとは思っていないということがわかったからです。
話し合いを始めた時は、
「自分勝手な、都合のいいことを言っている。
許せない」
という気持ちが大きかったのですが、妻の本気で謝罪してくるのを見て、
「一度の過ちくらいは許してあげられないと」
という気持ちになってきました。
さらに、両家の親にも既にこのことは伝えてあったのですが、特に妻の両親から、謝罪の言葉もあり、気持ちが大きく動きました。
それまで、妻に怒りや恐怖を覚えていたのですが、それを許すというよりは、逆にこちらが、そんなことをさせてしまって申し訳なかったと思うようになり、妻との復縁を選択しました。




さらに、浮気相手とどう対峙したらよいかなど、考えると怖いこともあり、夜も眠れませんでした。

そもそも、妻が浮気しないようにするために、浮気しなくてもいいようにするために何かできることが無かったか、良く考えて行動しよう。
浮気する方にも、浮気される方にも原因があり、本当に大事なものが何か、しっかり考えて行動できれば、いい結果が得られるだろう。




また、この先どうしたらいいのだろうという、漠然とした将来への不安がありました。

また、それに気が付かなかった自分にも怒りがわいてきました。

 

妻の浮気でまず「よくこれまで平気な顔で生活できてたな」という恐怖が出てきた、というところに、信頼を裏切られたショックが感じられます。
妻と妻のご両親からの謝罪にほだされて、浮気を許し、夫婦関係を続けていく決断をされたとのこと。
そこで許せるところも、妻の浮気の原因は自分にもあったのかもしれない、と自分を顧みることができるところも、人格者だなと感心しました。
しかし、今後また浮気をされないように、浮気の証拠を押さえておくとより安心していられたのではないかと思います。





◆妻に浮気された体験談◆
会社員31歳(結婚5年目)
第一子の長男が生まれ、幸せな日々を過ごしていた。
子供が1歳になり、妻が育児休暇を終えて職場復帰。
しばらくすると妻の行動が怪しくなり、まさか浮気…?
それからは不安と怒りで夜も眠れず、まさに「どん底」の日々。

なぜ、どん底状態からたった7日間で立場が激変したのか?
⇒妻に浮気された体験談(会社員31歳)

「出来心なの!捨てないで!」…と妻が泣いて謝ってきたのでやり直すことに。